FP独立の要は何と言っても実務経験。「FPインターンシップ」制度で、今すぐ実務経験を!

実務経験が積める「FPインターンシップ」制度

実務経験の「FPインターンシップ」求人

FP独立の要は何と言っても実務経験。「FPインターンシップ」制度では、今すぐ実務経験が積めます。実務経験こそ独立の成否を分けます。すぐに一人立ちするには経験が無さ過ぎるとお嘆きのFPに最適です。只今求人中。

実際のFP事務所に入って実務経験を積みたい方を募集(求人)します。
(1名限定採用)

せっかく取ったファイナンシャルプランナーの資格を生かしたいと思い、いざFP事務所を立ち上げてみても、実務経験がないため一人では何をどうやって始めたらいいかわからない。また、自宅にはお客様をお招きする環境もない。貸事務所で他業種の人と席を隣り合わせても参考にならない・・・
同じような悩みをお持ちのFPは多いです。

 

あるいは、FPとして独立開業する前にFP事務所に就職して実務経験を積みたいと考えても、求人があるのは保険会社や保険ショップばかりで、本格的な独立系FP事務所の求人情報はほとんどないのが実情です。これではプロのFPになるための実務経験を積むことはできません。

 

FP養成塾のFPインターンシップ制度はFP事務所の仕事とはどういうものなのか、早く自分のものにしたいという人には最適な制度です。

相談実務を間近に見て覚えられる。メンバーの活動報告や事例研究などを聞くことができ、励みにもなります。
多くの情報や刺激を受け遠回りをすることなく独立開業の道を歩めるでしょう。

 

 

独立開業講座(インターンシップ制度)に参加して

 

名前:小原 和浩  (コハラ カズヒロ) 
資格:ファイナンシャルプランナー、宅地建物取引主任者、二級建築士
出身地: 千葉県 

 

fp,実務経験,ファイナンシャルプランナー,求人,募集,仕事,独立,年収

 

独立のためのセミナーや書籍はいろいろありますが、実際のお客様対応力は何よりも実戦経験に負うところが大きいと思います。FPとしての実務経験がない自分にとって、何年も要する現場の経験値を極めて短期間で得られたことは、失われてしまった過去の時間を取り戻すことができたように感じています。

 

しかも、ビジネスとして成立させていくために求められるスキルを身につけられたことは非常に価値があると感じています。お客様は1人1人異なり、その対応をマニュアル化することはできませんが、個々の事例に対し状況に即したアドバイスを毎回得られます。そのため、自分の対応を修正しながら効果よく能力を身につけていく過程を実感できました。

 

また、長く社員の方と一緒に業務に携わるため、細かいノウハウまでつぶさに見えてきます。そのようなノウハウまで明らかにしても大丈夫?と思うことも度々です。

 

本講座の過程を通じ、自分が独立してやっていく形が具体的に見えるようになりました。それでも、今後事業を展開する中で問題は出てくると思いますが、引き続き鰍ePバンクのサポートが受けられることも心強い点です。

 

 

 

FPインターンシップ募集(求人)要項

内 容 FP事務所「FPbank」をオフィスとして独立開業準備をする制度
出 社 週3日以上
期 間 3ヶ月 (第3期生 平成26年4月1日〜平成26年6月30日)
仕事内容 相談業務サポートから実際の相談業務まで
費 用 74,000円/月(レンタルオフィスより割安です)

前納割引制度3ヶ月分222,000円のところ198,000円 
事務所使用料及び消耗品費(電話、FAX、コピー、ネット)を含む

参加資格 「FP独立開業講座の開業前研修」を修了
応募フォーム FPインターンシップ制度|「FP養成塾」

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP FP独立開業講座 インターンシップ制度 住宅ローンコンサルタント養成講座 金融商品インフラ制度