FP独立で高年収の絶対条件は?住宅ローン、保険、金融商品の取扱い!

住宅ローン、保険、証券の取扱インフラ

「金融商品取扱インフラ」

FPが独立して高い年収を得るには住宅、保険、証券の取扱いは必須。相談料だけでやっていくのが独立系FPの王道?日本では相談料と取扱手数料の複合形態がベストです。「金融商品取扱インフラ」なら今すぐ仕事が始められます。

日本流ファイナンシャルプランナーの仕事

FPとして独立開業して事業として仕事をしていくのであればしっかり年収が上がる仕組みを作る事が資格以上に大切です。サラリーマン時代よりも高い年収を得ようと思ったらここを第一に考えねばなりません。
日本では相談業務に対してお客様から受け取る相談料とは別に、住宅ローンや保険、証券を取り扱う事によって金融機関から受け取る手数料収入も事業の安定のために必要不可欠です。この場合、大きく分けて2つの方法が考えられます。1つ目はあなた自身が代理店などを開設する方法。2つ目は既存の代理店などに募集人、外務員として登録する方法です。

 

ハードルが高くなってきています

FPbank FP業務ツール|FP養成塾

しかし、このどちらも独立系FPにとってハードルが高くなってきています。理由はマーケットの縮小に伴う合理化やコンプライアンス強化等に伴うコスト増です。

例えば保険代理店を自身で開設する場合、法人でないとダメ。募集人が2人以上いないと複数社の商品が扱えない。保険の販売数が少ないと保険会社から契約解除の通告が来るなどです。

 

では、FP事務所に就職しようと思った場合はどうでしょうか。実際にFP募集として求人しているのは実は保険会社、もしくは保険専業の代理店でしょう。実際入社する場合も保険営業3年以上の経験者でないと採用しないなど、厳しい状況となっています。本格的なFP事務所での採用や募集(求人)は少ないか門戸が狭いのです。

 

また証券の場合、登録コストが高いので、既存のマーケットをお持ちでない方がご自身で金融商品仲介業を登録するのは負担が大きいです。また、登録には1年近くの歳月を要するため、開業後すぐに仕事にはなりません。住宅ローンに至ってはほとんど全ての金融機関で取扱いが認められておらず、収入に結び付けるのが難しい分野です。

 

FP養成塾で共に仕事をするメリット

FP養成塾ではこれから独立開業を目指すFPがすぐにでも収入を上げるための「金融商品取扱インフラ」をご用意しています。FP養成塾の運営会社鰍ePバンクは住宅ローン(フラット35等)の取次店、保険代理店、金融商品仲介業者等の機能を有しています。
住宅ローン、保険、証券の取り扱いによる実行支援をすることでコミッション収入を得ることができます。
今すぐ10数社の金融機関と提携ができ、登録手続きなど面倒な手続きなくすぐにでも実行支援ができるようになります。金融機関からの情報も集まってきますので、収入の面だけではなく、情報収集の観点からも「金融商品取扱インフラ」を利用して仕事をするメリットは大きいと思います。

 

FP養成塾の運営会社鰍ePバンクでは、FPとして収入を上げるチャンスとなる、様々なキャッシュポイントを提供する「金融商品取扱インフラ」の利用者を募集しています。あなたのFP事務所のサービスメニューに加えてみませんか?

 

「金融商品取扱インフラ」の概要

住宅ローン、フラット35取次

FPとして相談業務を行う中で、相談にのぼる割合が高くなってきたのがこの住宅ローン相談です。しかし、従来は単に相談に乗るだけで終わっていた、なかなか相談料は頂けないといった声が多かったのもこの分野です。しかし、最近この状況はがらっと変化しました。それはほんの一部の金融機関で住宅ローンの取次業務ができるようになったので、FPにとってコンサルティングの幅と収益の機会が増えたのです。また、・不動産の売買希望の案件を宅建業者に紹介したり、建築希望の案件を工務店、ハウスメーカー紹介することで収入をあげるルートを持っていますので長い時間と労力をかけてルート開拓する必要がありません。

 

金融商品仲介制度

証券会社を通じて国の登録を受け「金融商品仲介業」をFPの仕事として営むことが出来ます。投資信託(1200本以上)、株式、債券などの金融商品売買のための仲介業制度です。

 

FP養成塾では毎月開催される投資委員会で投資信託の推奨銘柄や相場の見通しなどをディスカッションしますので、自信を持ってお客様にプロとしての意見やアドバイスができるようになるでしょう。尚、自ら仲介業登録するよりもコストが割安です。

 

保険募集人制度

生損保10社の保険商品をすぐに取り扱うことが出来ます。FP養成塾では単に保険募集の環境を提供するだけでなく、保険の販売スキルはもちろん保険相談でお客様から相談料を頂いたり、またはそのために身につけておかなければならないコンサルティング手法などをミーティング等で伝授していきます。

 

「金融商品取扱インフラ」利用案内

「金融商品取扱インフラ」を利用すると、発生する報酬から事務経費を差し引いた70%をパートナーFPにお支払い致します。保険の場合、年間の業績に応じて年間ボーナスが加算され、最高90%相当の支給があります。住宅ローンの場合は融資実行累計額に応じて最大90%を支給します。

 

登録手数料 月間事務手数料 支払報酬

住宅ローン取次店

31,500円

無料

報酬の70%

保険代理店募集人

31,500円

無料

報酬の70%

金融商品仲介業

31,500円

無料

報酬の70%

※月間事務手数料は各報酬の30%が3,150円を下回る月は、各3,150円かかります。

 

 

3分野同時登録の割引制度
登録手数料 月間事務手数料 支払報酬

3分野合計料金

52,500円

無料

報酬の70%

※月間事務手数料は3分野の報酬合計の30%が5,250円を下回る月は5,250円かかります。

 

参加資格
  • FP開業前研修修了または面接により認められた方
  • 毎月一定の販売を目標に頑張れる方
  • 生損保、証券外務員等の資格試験受験料や研修参加費は実費負担となります
  • 登録証券会社の面接を受ける
  • 指定するコンプライアンス研修等に必ず出席する
  • ミーティングに参加する

 

「金融商品取扱インフラ」では、パートナーFP全員が集まるパートナー会議に出席して頂き、成果報告や情報共有を行います。相談事例のシェア、案件相談の他、希望者には相談実務において面談や電話で相談できるフォロー制度があります。

 

<利用者の声>

昆 知宏(こん ともひろ)様 (新潟県)

 

fp,住宅ローン,取次店,保険,代理店,証券,金融商品,仲介業,フラット35

 

以前は住宅会社に所属するいわゆる社内FP的な立ち位置で、ライフプランは提案できても保険や住宅ローンの取り扱いができず、肝心なところで保険屋さんや銀行につなぐことしかできない歯がゆさを感じていました。FPバンクの金融インフラを利用することで、今ではご相談時からご契約、その後のアフターフォローまでを自身で行えるようになったため、よりお客様に密着したサービスを一貫して提供できるようになり大変満足しています。当初は保険について全くの未経験でしたが、定期的な最新情報の勉強会であったり、複雑な手数料計算などを代行していただいていたりしており、より営業活動に専念できる環境が整備され、FPとして活動できる幅が広がりました。

 

 

 

 

「金融商品取扱インフラ」お申し込みはこちらです。

なお「金融商品取扱インフラ」をご利用いただくには、FP養成塾が行うFP独立開業講座のFP開業前研修修了または面接により認められた方が対象です。

金融商品取扱インフラ|「FP養成塾」


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP FP独立開業講座 インターンシップ制度 住宅ローンコンサルタント養成講座 金融商品インフラ制度